あべ広美ストーリー

ストーリータイトル2

あべ広美 ストーリー


 大阪で育つ

両親は中学卒業後に大阪で集団就職し結婚。家計は厳しく,家の電気が止められ、ろうそくの灯りで一晩を過ごしたことも。それでも勉強を頑張れば必ず報われると信じて努力した。中学を卒業するとき,八代市に移住。

アルバイトをしながら八代高校から九大へ

高校時代は,アルバイトで高校の授業料や参考書代を賄った。九州大学法学部に合格。大学時代の学習塾講師のアルバイトでは。生活費を稼ぐだけでなく、多くの社会勉強ができた。子どもたちの進学について保護者と熱心に意見交換もした。

女性総合職として生命保険会社に就職

勇気のいる一般家庭への「飛び込み営業」も経験した。結婚後も仕事を続けていたが,切迫流産のため絶対安静を命じられる。子どものことを考えてやむなく会社を退職し,無事に長女を出産。出産後は、育児サークル活動にも参加。保健婦さんや多くの先輩ママさんと知り合い,地域ぐるみで子どもを育てることの重要性を実感した。

再び八代へ

二女を出産した直後に離婚し,実家のある八代へ。子どもの将来を考え、司法試験へのチャレンジを決める。

昼間は実家の手伝いをし,子どもたちを寝かしつけた夜に猛勉強。養育費と児童扶養手当というわずかな収入の中でギリギリの生活が続く。娘たちは明るい子どもに育っていたが,家にお金がないことを知っていて「ママ,弁護士になったら買ってね」が口癖に。

ついに念願の弁護士に!

猛勉強の末,三度目の挑戦で司法試験に合格。二〇〇五年十月に熊本県弁護士会で八人目の女性弁護士となった。

「行列のできる法律相談所」にも出演

人気TV番組「行列のできる法律相談所」に四度出演。駆け出しの女性弁護士として異例の出演であったが,レギュラー出演者と丁々発止のやりとりを展開。

ライフワークは女性、平和、反貧困

女性弁護士の特性を活かし,あらゆる女性問題に取り組む。一人ひとりの悩みに寄り添い,一緒に考えて行動する。その結果,自信と輝きを取り戻していく女性たちの姿に大きなやりがいを感じた。るように。また,日弁連委員として貧困問題にも深く関わるようになる。

さらに,憲法を学んだ者として,立憲主義や基本的人権の擁護という憲法の理念を実現する活動にも力を入れる。弁護士九条の会・くまもとの事務局を務め,講演会なども多数こなす。昨年9月に安保法制が強行採決された際には,多くの市民と共に反対運動の先頭に立つ。

あべ広美プロフィール


 

1966年 12月6日 大阪府堺市に生まれる
1982年 大阪府吹田市の中学校卒業
両親の離婚後母の実家のある
八代市に転居
1986年 熊本県立八代高等学校卒業
1990年 九州大学法学部卒業
(現)太陽生命保険株式会社入社
1995年 (現)太陽生命保険株式会社退社
1996年 第一子出産
1998年 第二子出産
離婚し、ふたたび八代市に戻る
司法試験の勉強を始める
2003年 司法試験合格
2004年 第58期司法修習生
2005年 弁護士登録(熊本県弁護士会)
熊本共同法律事務所入所
2015年 夫の中島潤史弁護士とともに
はみんぐ法律事務所開設


現職・元職

日弁連貧困問題対策本部委員
カルテがない薬害C型肝炎訴訟弁護団事務局長
ストップ!生活保護基準引き下げ・行政処分取消
請求訴訟弁護団事務職長
熊本県弁護士会両性の平等に関する委員会委員長
熊本県公共事業再評価監視委員会委員長
熊本市都市計画審議会委員
熊本労働局紛争調整委員会委員
熊本県男女共同参画審議会委員
八代市男女共同参画専門委員
熊本日日新聞社読者と報道を考える委員会委員